雪道、雨、霧の中を走るときは

都心ではあまり積雪を経験することがないため、まれに大雪になると立ち往生している車が多いようですが、雪道を運転するときは、必ずチェーンやスタッドレスタイヤの装着が必要となります。いざというときのためにも、装着の練習は必ず事前に練習しておくことが大切です。雪道での運転は、乾いた舗装道路を走るのとは感覚も違い、同じペースでは走れません。雪の降り始めは、雨の日以上に滑りやすいということも覚えておくとよいかもしれません。雪道での運転では、乗車前に靴底の雪を落としておくことです。ペダルがすべるのを防ぎ、雪が溶けることで発生する水蒸気で室内がくもるのを防ぐこともできます。また、雪に埋もれた側溝やガードレールが見えないため、脱輪しないように道路の端を走らないことです。

雨の日は、視界を確保することが大切です。フロントガラスが曇った場合は、車内の室温を調節し、曇らないようにしておくことです。また、傘をさしている歩行者がいたら、水たまりの水がかからないように、よけるか徐行して、歩行者への配慮を忘れないことも大切です。夜の雨の中では、一時停止線の白線や標識を見落としがちになり、人の姿もよく見えないこともあるようですので、気をつけなければなりません。雨の高速道路では、スピードの出しすぎは大変危険です。特に雨足が強い場合は、視界が妨げられてしまうため、小降りになるまで待つなどの対策をとるほうがよい場合もあります。

霧の中では、昼夜問わず視界が悪くなるため、センターラインやガードレールなど、見えるものを目印にすることです。前車がいればテールランプも目印になります。ヘッドライトやフォグランプをつけて安全走行を心掛けることが大切です。もし山中などで視野がゼロに近い状況になったら、走行するのを止めて、様子を見ることです。急に出た濃い霧であれば、晴れるもの早いかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です