事故防止のためには

自分がいくら安全運転を心掛けていても、事故に巻き込まれてしまう可能性はあるものです。危険な状況は早めに察知して、回避できる方法も知っておくとよいかもしれません。

まず、幹線道路での路線バスです。前方にバスを見つけ、車線変更をする時は、バスが停車中か発進前かを見極めることが大切です。走行車線の先に右左折のために、減速や停止している車両がある場合も、車線を移るか待つようにするとよいかもしれません。

急なタクシーの停止や、路地や歩道からの子供や自転車の飛び出しなど、突然ブレーキを踏まなければならないような状況はあらゆるところに潜んでいます。路上に駐車中の車のドアが開くのもよくあることです。

標識の見落としも気を付けるべきポイントです。教習所に通っていたころは確認することを意識していても、いざ実際の道路に出てみると見落としがちになります。制限速度やUターン禁止区域、右折禁止など、しっかり確認することが大切ですが、仮に見落としてしまったときには、慌てずに、周りを危険に巻き込まないように、冷静な対処をすることが大切です。

また、自分の車が原因で事故を引き起こさないよう、メンテナンスも重要なことです。エンジンオイルやバッテリー、タイヤなどの消耗品は定期的にチェックし、タイヤ交換に必要な工具などのトランクに常備すべきものも確認しておくことが大切です。車検は新車の場合、3年目、それ以降は2年目に1度受けることになります。その機会に徹底的に点検してもらうのもよいですが、普段の走行中に異音や異臭など、いつもと違う変化があればすぐにカーショップや修理工場で見てもらうようにしたほうがよいかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です