自動車免許の枠組みの増加

準中型免許の何年か前にも免許の分類が新しく追加されたことがあります。中型免許がそれになります。中型免許が増える前は普通免許の取得者は、今現在の中型自動車の中に入っている4tトラックなどを運転することができました。しかし、中型免許追加後は、普通免許の新規取得者は、トラックでいうと2tトラックを含む車両の運転が可能というように変わりました。もっと大きな自動車を使いたいという人は、普通免許を取得しても意味がなくなりました。中型免許を手に入れなければならなくなったのです。

新しく追加された準中型免許の影響で、普通免許で運転可能な自動車はもっと小さくなりました。普通自動車の枠組みギリギリの大きさの自動車、例えば貨物自動車である2tトラックが多く該当していたのですが、これらを運転したいならば、準中型免許の取得が必須となったのです。

追加の形で作られた準中型自動車の分類ですが、これは、以前までの普通、中型自動車の間に作られた分類です。そのため、これらの車種の分類は他のものと比べて細かくなってしまったと考える人もいます。そう考える人がいるのも無理はありません。昔なら、とりあえず普通免許を選んでおけばかなりの種類の自動車を運転できることができましたが、現在ではどんどん普通免許で運転可能な大きさの自動車は制限されていますし、これから先はもっと細かい分類が作られないとも限りません。なので、ある意味損といえますが、自分にとっても無理のある大きさの自動車に触る機会がなくて済むと考えてしまいましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です