学科試験対策術

 第二種免許の学科試験にもパターンがあります。ですから丸暗記した後は、さらに出題率の高い部分を重点的に覚え直しましょう。例えば、標識、標示の意味等は必ず出題されるため、何度も読んで学習します。また、「タクシー、バスの運転手の心得」と呼ばれる箇所についても、よく読んでおきます。この部分からは応用問題も出題されるため、問題集等でそのパターンに慣れておくことが大切です。他には、乗車・積載、通行不可の場所、緊急自動車に遭遇した時の対応、安全な速度・車間距離、進路変更、追い越し等は出題範囲として定番となっており、繰り返し学習します。交差点における通行方法、駐車・停車等も同様です。

 学習のポイントとしては、数字を正確に覚えることが挙げられます。記憶力に自信の無い人にとっては大変な作業ですが、数字関連はいわゆる「引っ掛け問題」としても使われるため、特に注意して覚えることにしましょう。例えば、駐停車禁止区域として、「横断歩道の前後5メートル以内」が挙げられますが、数字はもちろんのこと、「前後」「以内」といった表現にも注意しなければなりません。

 次に問題の解き方についてアドバイスしておきましょう。問題を解き始めてから必要になる心構えは、早合点しないことです。設問は丁寧に読み、文意を誤読しないようにします。引っ掛け問題も含まれていますから、細部に注意しなければなりません。どれほど細かい点であろうと間違っていれば、「誤」を選択するようにします。特に数字が出てくれば、その数字が正しいかどうかをきちんと判断します。その他表現にも気を配りましょう。「必ず」、「絶対」等の言い回しは、引っ掛け問題としてよく使用されます。原則を述べている場合もあれば、例外、特例を示すこともあるため、冷静に読み解きます。

合宿免許でも第二種免許の学科試験を受けることが出来るはずです。ぜひ一度検討してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です