受験申請時の注意点

 合宿免許で行われる第二種免許の受験の申請において注意しなければならないことをご説明しましょう。意外に知られていないのですが、受験には手数料が必要になります。4350円とされており、これに加えて合格時にも手数料が課されます。免許証交付手数料と呼ばれるもので、1750円掛かります。不合格者の再申請時にも同額が必要になるため、注意を要します。人によっては受験料以外にも特別な書類を求められることがあります。例えば、免許の取り消し処分を受けていた人が再取得する場合、運転免許経歴証明書が必要になります。この証明書によって、処分前の保持期間を確認することになります。

 ところでタクシーやバスの運転手になる人が心掛けるべき点は何でしょうか。旅客運転するわけですから、客の安全を最優先しなければならないことは言うまでもありません。つまり交通事故を避けることが何よりも求められるわけですが、その他にも乗客に不快感を与えてはなりません。例えば、他の車や歩行者に煽られたからといって、危険な運転をするのは禁物です。運転手は常に冷静でなければなりません。また、急ブレーキ、急発進等もできる限り控えなければなりません。乗客にショックを与えるような運転をするようでは、運転手としての技術を持ち合わせているとは言えないでしょう。もちろん緊急時に交通事故を避けるためにブレーキをかけるのはやむを得ないのですが、そもそもそのような状況を作らないようにするのがプロの運転手の技量と言えます。

 客を不快にさせないという点では、悪路走行の際もスキルが問われます。悪路が予想される場合、客に注意を促すことは大切だと言えるでしょう。客の了解を得た上で徐行するのも、場合によっては求められます。

そうした注意しなければいけない点も合宿免許では教えてくれると思います。

ぜひ考えてみてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です