エンジンの止め方とブレーキ

エンジンを止める際には、アクセルから足をきちんと話して、エンジンキーをオフにして止める、ということが重要です。そして、マニュアルなどでは、重要になってくる、チェンジレバーというものは、クラッチをしっかりと踏み込んでいなければ、変えることができず、きちんと、足首だけではなく、体重をしっかりとかけて踏み込むことが重要だというふうに考えられるわけです 。アクセルの踏み方のコツとしては、踵をつけてから足先に力を入れることで、上手く力を伝えたり微調整をすることができるようになるわけですから、この点についても、上手くコントロールすることが重要だという風に言っていいでしょう。とりわけ、アクセルやブレーキの操作というものは、少しずつ少しずつ覚えて感覚を身につけていかなければならない。うまく、思い通りにできなかったからといって、凹む必要はなく、慣れの問題であるという風に思った方がいいかもしれません。クラッチの場合には、親指の付け根辺りでなるべく床まで到達するように、目一杯踏み込むことが重要で戻す。際には、足首をあげるのではなく、膝をゆっくりとあげるようにすると、うまく戻せるという風に言われているようです。ブレーキを踏む際には、かかとは決して、床につけず、なるべく調節しやすく、保っておくことが、重要だという風に言えるでしょう。このような作業を運転している時でも、していないときでも、イメージトレーニングをしておくことで普段の運転の際にも大きく役立つという風に言えるかもしれません。柔らかく、柔らかく、アクセルを踏んで、ブレーキを踏んでという風にコントロールするようになるためには、練習が必要であることは、言うまでもないわけですから、教習所で習ったことを、すぐ忘れてしまうのではなく、十分に復習しながら、理解を深めることが、重要だという風に言って良いと思われます。