免許取得と気持ちの持ち方

人間というものは、困難な状況をクリアした時に、気を抜いてしまいがちですが、難しいところから抜け出した途端に事故を起こすというようなことはしばしばあるというふうにも聞いたことがありますし、やっと抜け出せたと言って、対向車線などに出てしまったというようなケースも聞いたことがあるような気がしますから、特に注意しておくことが重要だという風に言えるでしょう。一時停止を忘れてしまう、ということは、 S 字カーブで事故を起こすこと以上に危険なことであるというふうに覚えておかなければならないという風に言えるのではないでしょうか。他にも、クランクと呼ばれる狭い路地などに差し掛かった場合には、非常にハンドルの操作量が多くなるという風に予測できるわけですから、非常にゆっくりとしたスピードで運転する必要があるという風に言えるでしょう。そして、対応に困った際にはブレーキをかけるなどして、焦らず焦らず一つ一つのカーブをクリアしていくことがポイントであるという風に言えるのではないでしょうか。クランクに入る際には、内輪の差よりも、やや広く、スペースを取って、まずコース全体を見渡すようにしておくとイメージがしやすいのではないかと考えられます。例えば、右にカーブするという風になった場合には、しっかりと原則をして、左に寄せてからカーブにさしかかった段階で目一杯ハンドルを切って寄せていくことが重要だという風に言えるでしょう。シンプルな考え方として、右へ曲がる場合は左に思い切り寄せておき、左へ曲がる場合は、右に思い切り寄せておくというような意識を持っておくことが重要だと言えるでしょう。