運転免許証を取得する場所

自動車の運転免許を取得しようと思ったとき、まずはどこで受験をするかを選択する必要があります。取得場所は、大きく分けると三種類あります。一つ目は、自動車学校(教習所)の指定校(公認校)に通うという方法です。指定校の場合は、卒業試験に合格をすることで、運転免許センターでの技能試験が免除になるという特徴があります。カリキュラムに沿って勉強を進めていくため、効率的に学習をすることができるそうです。確実に免許を取得したいと思ったときや、初めて免許を取得するときには、この指定校で学習することがオススメです。卒業さえできれば実際の技能試験が免除になるため、実際に運転免許センターで行うことは、学科試験、視力と聴力の適性検査になります。二つ目は、同じく自動車学校の、届出校(非公認校)に通う方法です。指定校であれば技能試験免除になりますが、こちらでは学科試験と技能試験のどちらも合格しなくてはなりません。場所によっては、同日で受験が可能な試験場である場合と、日を分けて受験をしなければならない試験場があります。受験の前に、自分できちんと調べた上でスケジュールを立てておく必要があります。指定校と比べて面倒である印象がありますが、届出校の魅力は、指定校と比べて費用が比較的安く設定されているという点にあります。初めて免許を取得するときにはオススメできませんが、運転免許証を失効してしまった場合など、再取得をしたいと考えている人は安く済むので良いかもしれません。三つ目は、学校に通わずに、運転免許センターで直接試験を受けて取得をする方法です。当然ながら教えてくれる場がないため、自分でしっかりと勉強ができる、再取得である場合などにオススメです。