運転の上手い人

車の運転は、発進と停止を繰り返ししているだけなのですが、街中や郊外の公道や、高速道路には、それぞれにルールや規制があり、その中で安全運転を行わなくてはなりません。アクセルを踏んで発進して、必要な場所でブレーキを踏んで停止することが、どうして困難に感じる人とそうでない人がいるのでしょうか?皆さんは、車の運転が上手な人とそうでない人の違いについて考えた事はありますか?助手席に乗って第三者の運転する車に乗ってみると分かりやすいかもしれませんが、アクセルとブレーキの加減で、乗り心地の良いドライビングと、乗り心地の悪いドライビングの違いを感じることは、多々あるのではにでしょうか。ただ単に、アクセルとブレーキを踏んでハンドルを操作する事に、どうしてこのような違いが生まれるのでしょう。皆さんは、車の運転のうまい人とそうでない人の違いについて考えてみた事はありますか?心地良い運転をするドライバーの運転技術と、そうでないドライバーの運転技術との違いのポイントをみつける事で、皆さんの運転にも何か変化があるかもしれません。車の運転技術の上手い友人に、どうしたら運転が上手くなるのかを尋ねてみたところ、車を運転する事自体が手足を動かすのと同じように、スムーズに行えるのだと説明してくれた事がありましたが、実際にはそれがどういった事なのかは、私自身には掴めませんでした。友人の車の助手席に乗りながら、幼い頃そう言えば、自転車に乗る練習をはじめた時に、いったいどんな訓練を行ったら、このような乗り物を乗りこなせるようになるのだろうか…と考えているうちに、ある日、自転車に乗って隣町までスイスイ走っていけるまでに上達していた幼い日の出来事を、ふと思い出しておりました。