自働車の夢と希望が描く未来

車の運転免許を欲しがらない若者たちが増加傾向にあるようです。車を運転しなくとも、その他の電車やバスの交通網が皆さんの生活の基盤としてライフスタイルを充実感あるものとして満たしてくれているからなのでしょうか。若者の車離れは、いったいどういう事柄が影響している現象なのでしょう。皆さんは、若者たちが車を所有する事に憧れをもたない事をどう感じていらっしゃしますか?近年、日本経済の成長期の中では、自分自身で車を運転して、遠出する楽しみは多くの人々の憧れであり楽しみでありました。現代を生きる若者たちには、車を運転する事以外に何か楽しみが生れているのでしょうか。それとも、夢や希望を抱かなくとも人生に充実感を満喫しているのでしょうか。車の運転免許を欲しがらない若者たちが増加傾向にあるというようなニュースを目にする度に、あらゆる事柄が頭の片隅をよぎっています。自動車が世界中を走り回る事で自然環境へのダメージを与える事に繋がっていると考える人々もいるでしょう。これからの地球環境を考える上で、自動車の台数が減少する事が、地球上の環境保全につながると考える人々もいるかもしれません。自動車産業が世界的にも時代をも牽引してきた歴史を振り返りながら、これからの未来人にとって必要とされる自動車の姿を想い描いてみたいものです。